不当解雇の無料法律相談 お客様の声

不当解雇に関するQA

解雇とは?

様々な解雇理由

人員整理・リストラ(整理解雇)

懲戒解雇

残業代,未払賃金の請求

雇い止め

不当な配置転換・出向・転籍

内定取消・採用延期

セクハラ,パワハラ

病気による休職

退職

その他の質問

労働問題 労働審判 弁護士

不当解雇.com > ご挨拶

ご挨拶 |不当解雇.COM

弁護士紹介

ごあいさつ

当ページをご覧くださってありがとうございます。 労働事件に取り組む弁護士として,メッセージをお伝えいたします。

「働くこと」は「自己実現」

巷では,仕事は仕事と割り切って,趣味に生きる,などという人が増えているとある雑誌で読みました。でも,果たして本当でしょうか?
趣味は,「楽しい」ですが,人生を揺るがすような出会いや発見が,真の達成感や充実感が得られることは,まずありません(だからこそ「楽しい」のです)。
真の達成感や充実感は,多大なコストとリスクと危機感を伴った作業,すなわち仕事の中にこそあるはずです。私たちは,仕事を通じて,自分の価値観に目覚め,いろいろな可能性を感じます。つまり,働くことは,生活の糧を得るだけではなく,自己実現の場にほかならないのです。

働く人の誇りを守る

しかし,企業の不当解雇により,働く人は,生活の基盤を奪われるのみならず,自己実現の場を奪われ,ひいては職業人としての誇りまでも傷つけられることになります。
「人は城,人は石垣,人は堀,情けは味方,仇は敵なり」とは,武田信玄の言葉だそうですが,企業は働く人がいてこそ成り立ちます。働く人の誇りを損なう経営をしていては,継続的な事業を行うことは不可能です。そのことを忘れ,人間の根幹を揺るがす不当解雇を漫然と断行することは,許すことができません。
働く人の誇りを守るために,私は,不当解雇に対して,真っ向から立ち向かいます。

弁護士 吉村 雄二郎

不当解雇の無料法律相談は0120-3131-45 または法律相談ご予約フォームから
弁護士 の ホームページ制作 なら 弁護士WEB