不当解雇の無料法律相談 お客様の声

不当解雇に関するQA

解雇とは?

様々な解雇理由

人員整理・リストラ(整理解雇)

懲戒解雇

残業代,未払賃金の請求

雇い止め

不当な配置転換・出向・転籍

内定取消・採用延期

セクハラ,パワハラ

病気による休職

退職

その他の質問

労働問題 労働審判 弁護士

不当解雇.com > 弁護士紹介

弁護士紹介 |不当解雇.COM

弁護士紹介

略歴

埼玉県立浦和高校卒業
中央大学法学部法律学科卒業
さいたま地方裁判所 裁判所事務官・裁判所書記官 任官
(倒産部,通常民事部(労働事件を含む)を中心に,全裁判手続を担当)
司法試験合格
上記裁判所書記官 退官
最高裁判所司法研修所修了
坂井・三村・相澤法律事務所に勤務
市川船橋法律事務所開設(代表弁護士)
 吉村労働再生法律事務所弁護士法人へ組織変更(代表社員)

取り扱い分野

労働審判・労働仮処分・労働訴訟
個別労働紛争代理・労基署への申告代理
労働問題に関する法的助言

著作等

①「男性社員のみを営業部門へ配置することの法的問題点」
  『労政時報』((財)労務行政研究所)第3812号
②「(有期)契約社員の期間途中の辞職申出」
  『労政時報』((財)労務行政研究所)第3816号
③「チェック・オフ協定の法的問題点」
  『労政時報』((財)労務行政研究所)第3818号
④「入社辞退と研修費用の全額返還請求の可否」
  『労政時報』((財)労務行政研究所)第3820号
⑤「海外転勤を命ずるための条件」
  『労政時報』(財団法人労務行政研究所)第3824号
⑥「会社備品の私的利用等を禁止規定の新設及び違反者の処分の可否」
  『労政時報』(財団法人労務行政研究所)第3828号
⑦「募集・採用時に年齢条件を設けることの可否」
  『労政時報』(財団法人労務行政研究所)第3830号

プロフィール

宮城県生まれ,埼玉県育ち。東京弁護士会所属。
吉村労働再生法律事務所弁護士法人代表社員。不当解雇.COM 代表 
弁護士登録後,主に企業法務を取り扱う事務所に勤務し,使用者側の労働事件を多数担当。独立し,市川船橋法律事務所設立。以後,使用者側,労働者側を問わず多数の労働事件を取り扱い,タフな交渉力,訴訟についての強みを生かし,多くの勝訴的結果を残す。
特徴的なのは,労働者側,使用者側,どちらについても多くの経験実績があり,それぞれの立場の強み・弱みを知り尽くしていること。イデオロギーに緊縛されず,峻厳なるプロフェッショナリズムに基づき,いずれの立場でも高い実績を残すことをポリシーとしている。経営法曹会議又は労働弁護団等の労使いずれかを代表する団体には属さない無頼派。
労働者の依頼に対しては,労働者の誇りのために,敢然と企業に立ち向かい,徹底的に企業の弱点を突いて勝利を勝ち取る。依頼者の意思を尊重しつつ,中途半端な妥協は一切しない。
尊敬する人物は,建築家安藤忠雄。趣味はバイク(大型自動二輪免許保有)であるが,仕事の多忙さから乗る時間がなく,愛車をバイク王に手放したことを後悔している。好きな食べ物はラーメンであり,勝訴を勝ち取ったあとの一杯の為に生きている。勝訴率に比例して体重が増えているのが悩みである。

不当解雇の無料法律相談は0120-3131-45 または法律相談ご予約フォームから

弁護士 の ホームページ制作 なら 弁護士WEB