不当解雇の無料法律相談 お客様の声

不当解雇に関するQA

解雇とは?

様々な解雇理由

人員整理・リストラ(整理解雇)

懲戒解雇

残業代,未払賃金の請求

雇い止め

不当な配置転換・出向・転籍

内定取消・採用延期

セクハラ,パワハラ

病気による休職

退職

その他の質問

労働問題 労働審判 弁護士

不当解雇.com > セクハラ・パワハラ > モラハラとは?

モラハラとは?

モラハラとは?

事例

私は,入社直後から同僚社員Aさんとの関係に悩んでいました。
Aさんは,私の発言に対して何でもNOを出し,会話を否定語で打ち切って自分に引き取り,私が反論すると,イライラしたように大きな声で威圧し,常に自分の主張を繰り返しました。また,仕事に関する情報を私にだけ伝えなかったり,ミーティング時,業務内容を記載した紙を私には関係ないとばかりに,あまり見せないようにしたりなど,私に対する故意的な嫌がらせが続きました。終始,私の行動を監視しているような気がしてならず,Aさんが怖くなり,そのうちAさんの顔を見るだけでも,手が震えたり,異様に汗をかいたり,めまいに似た感覚に襲われるようになりました。他の社員や友人に相談しても,それぐらいのことは職場ではよくあることだからと言われて理解して貰えず,ひたすら我慢していましたが,体調を崩して会社を休みがちになってしまい,結局退職せざるを得なくなってしまいました。
このような形で退職したことは不本意ですので,加害者のAさんや会社に何らかの法的責任を追及できないでしょうか。。

不当解雇

回答

あなたがAさんから受けていた言葉や態度による精神的な嫌がらせ行為は,モラル・ハラスメントと呼ばれるものです。モラル・ハラスメント(略してモラハラ)の定義は,「言葉や態度,身振りや文書などによって働く人の人格や尊厳を傷つけたり,肉体的,精神的に傷を負わせて,その人間が,職場を辞めざるを得ない状況に追い込んだり,職場の雰囲気を悪くさせること」とされています。この言葉は近年出てきたもので,それ以前は,このような職場で起こる問題は,「職場のいじめ」と一括りで認識されていました。セクハラ,パワハラについては社会問題化し,報道されることも増えたので多くの人が知るようになりましたが,モラハラについてはまだ馴染みが薄いかもしれません。というのも,モラハラの大半は一見些細な言葉や態度による嫌がらせ,いじめのため表面化しにくく,また,その行為が教育的指導などと区別がつきづらいため,会社もあまり問題視してこなかった背景があります。けれども,モラハラという言葉が定義されたことにより,これまでいじめ等と認識されづらかったハラスメント行為が,精神的な暴力として,少しずつ社会に認識されるようになりました。
ご相談のケースですが,モラハラ被害者は,モラハラ行為が,社会通念上許容される限度を超え,あるいは,社会的相当性を超える場合は,民法で定める不法行為による損害賠償請求が可能です。その場合,現実に不法行為を行った加害者のほか,使用者が職場環境配慮義務に違反する場合(ハラスメントを見過ごした,あるいは事実を把握していたにもかかわらず十分な対応をしなかった等)などには,会社も使用者責任を負う可能性があります。具体的には,加害者や会社に対し,精神的苦痛に対する慰謝料,医療費,退職を余儀なくされた場合は逸失利益(退職しなければ得られたであろう賃金相当額)などを請求することが考えられます。現



不当解雇の無料法律相談は0120-3131-45 または法律相談ご予約フォームから

解説

現在、鋭意製作中です。

解説

1 まずは弁護士に相談!

解雇された又はされそうなあなたが採れる手段は,ケースバイケースですが,直ちに解雇の撤回・復職を求めたり,あなたが解雇されなければもらえたはずの賃金を請求したり,不当解雇による損害賠償を請求したりすること等が挙げられます。
まずは,なるべく早くご相談下さい。相談が早ければ早いほどとりうる手段は多いものです。
弁護士は,あなたのご事情を伺い,具体的対応策をあなたと一緒に検討し,最善の解決策をアドバイスします。
不当解雇.COMでは,解雇等された方のご相談については,初回30分間を無料で承っております。
あなたのケースでは解雇は有効になるのか否か,具体的な対策として打つべき手は何か,証拠として押さえておくべきものは何か等をアドバイスします。

2 証拠の収集

法的措置をとる場合はもちろん,交渉による解決を目指す場合も,証拠の確保が極めて重要になります。あなたにとって有利な証拠を出来るだけ確保して下さい。

3 会社との交渉

まずは,法的措置を用いず,会社と交渉して,あなたの望む結果(解雇を撤回,復職,未払残業代の支払い,より有利な条件での退職等)が得られるようにします。
会社側の対応は様々ですが,あなたを退職に追い込むために様々な働きかけをする事が多いのが実情です。

4 裁判

会社があなたの要望に応じない場合は,裁判を起こします。具体的には,賃金仮払い仮処分手続,労働審判手続,訴訟手続などがありますが,事案に応じてあなたにもっとも適した手続を選択して,あなたの請求の実現を目指すことになります。

弁護士に依頼した場合

1 弁護士はあなたのパートナーです。

不当解雇され自信を失ったあなたは,家族・友人にも中々相談できず,一人苦しんでいませんか?安心してください。弁護士はあなたの味方となり,親身に話しを聞いて,今後の対応を一緒になって考えます。弁護士はあなたに共感し,あなたと一緒になって戦うパートナーです。

2 継続的な相談・コンサルティング

不当解雇と闘う場合,ケースバイケースに採るべき対応策や確保すべき証拠も異なります。また,時々刻々と状況が変わっていき,その都度適切な対応をとることが必要です。この対応が間違っていた為に,その後の交渉や法的措置の段階で不利な状況に立たされることもままあります。また,一人で会社と戦うのは不安がつきまとうものです。
弁護士に依頼した場合,初期の段階よりあなたにとって有利な対応をアドバイスしていきます。それにより,その後の交渉・法的措置にとって有利な証拠を確保でき,適切な対応をとることで,万全の準備が出来ます。また,継続的に相談が出来ることにより安心して仕事や生活を送ることができます。

3 あなたに代わって会社に対し請求・交渉をします。

会社側の対応は様々ですが,あなたを退職に追い込むために様々な働きかけをする事が多いのが実情です。労働者が会社に対し各種の請求を行い,対等な立場で交渉に臨むことは一般的には困難であることが多いといえます。そこで,弁護士は,あなたに代わり,情報収集のお手伝いをしたり,解雇の撤回等を求める通知を出したり,会社と交渉したり致します。弁護士の指導の下で適切な証拠が確保でき,弁護士が法的根拠に基づいた通知書を出し交渉することで,あなたにとって有利な結論を,裁判を使わずに勝ち取ることが可能です。

4 あなたに代わって裁判を起こします。

もし,会社があなたの要望に応じない場合は,裁判を起こします。
具体的には,労働審判手続,仮処分手続,訴訟手続などがありますが,事案に応じてあなたにもっとも適した手続を選択して,あなたの請求の早期実現を目指します。
最近では労働審判手続による解決水準が高まっており,かつ,同手続によって2~4か月間で解決を図ることが可能となっています。

判決事例

現在、鋭意製作中です。

不当解雇の無料法律相談は0120-3131-45 または法律相談ご予約フォームから
弁護士 の ホームページ制作 なら 弁護士WEB